結婚しなかった場合に待ち受けているものとは

結婚をしなかった場合、どのような事が待ち受けているのかいくつかの項目に分けてお話していきたいと思います。

■ 人柄を疑われる
以前ほどは無いにせよ、結婚適齢期にも関わらず独身でいる場合、性格上問題があるのでは?と疑問視されてしまうケースがあります。
結婚がステータスという古い考えは廃れてきてはいますが、今もまだ根強く残っている地域や会社などがあります。

■ 同性愛者と勘違いされる
上記の人柄を疑われると少し似た部分ではありますが、各週刊誌などでも中年以上の芸能人をゲイやホモ、レズといったような表現をすることがあります。
これは何も芸能人に限ったことではなく、一般的な社会の中でもよくあります。
全くもって心外だと本人は思っていても、周りから見ればそう写ってしまっている…という現実もあることを覚えておいて下さい。

■ 税金が高い
独身者は既婚者よりも扶養などが適用されることがありません。
請求された額をそのまま支払わなければなりません。

■ 寂しい人生
仕事が生きがい!いいことだと思います。
趣味に生きる!それもいいことだと思います。
しかし、喜怒哀楽を共にできるパートナーがいれば、それはもっと大きな喜びを味わうこともできるでしょう。
辛いことや悲しいことなども増えるかもしれません。
ですが、結婚していなければ味わえない至福の時があるというのもまた事実です。

■ 孤独死
老後、アナタを介護してくれる人は誰もいません。
旦那さんや奥さん、または子供たち…家族と呼べる方は誰もいません。
どんな死に方をしたとしても孤独死以外に無いのです。

■ 結婚をしよう
異性に興味が無いという方もいらっしゃるかもしれませんが、極稀なことでしょう。
本当は付き合いたい、結婚したいという気持ちがあると思います。
年齢が高くなればなるほど、失敗を恐れ行動することすらしなくなってしまう傾向にあるようです。
つまずいたとしても精神的にダメージが少ない出会い系サイトなどから婚活をスタートしてみてもいいのかもしれません。

関連ページもチェック

    None Found