容姿に自信が無くても女性に会いたいと思わせる方法

出会い系サイトで女性と出会えないのは自分の容姿が良くないからだと思っていらっしゃる方非常に多いようです。

確かに、男性視点から見れば、可愛くない女性より自分好みの容姿端麗な女性の方がいいと思うと思います。

当然、逆に容姿の良い男性の方がいいと思われることもありますが、男性に比べ、女性は容姿を最重要視することは少ないです。

女性は安定志向の人が多いですから、例え容姿が自分好みの男性だったとしても職が不安定であったり、幼稚な思考の持ち主であった場合、将来に不安を抱きます。

遊びの恋愛でしたらいいのかもしれませんが、そろそろ本格的に結婚を考えてと思う女性にとっては容姿はそこまで重要ではなくなってきます。

また、連絡を取っている女性が今欲している男性像はどういったものなのかを把握できれば容姿以外のところでも十分に勝負することは可能です。

むしろ、女性が求めている男性像さえわかってしまえば容姿なんて関係ないと言っても間違いではないでしょう。

下記からは容姿にこだわらず、女性に会いたいと思わせるテクニック等を紹介していきたいと思います。

ファーストインプレッションは興味付け

黙っていても女性からアプローチをしてくるということはまずありません。

皆無とは言えませんが、男性ユーザーが多いということからも女性自ら連絡をしなくても多数のメールを受信しますから、待っているだけでは何も起こらないと思っていた方が懸命です。

ファーストインプレッションで興味付けをする際に気をつけたいことは2点あります。

まず1点は、自身のプロフィールの書き方です。

デフォルトのまま何もしないというのは論外です。

ありのまま自分を投影するような書き方を悪いとは言いませんが、その内容が女性にヒットするものなのかどうかよく考えてみて下さい。

女性が食いつきそうなフレーズを並べておくのがベターです。

あからさまに女性が食いつきそうなものばかりを書いていてもいけませんが、自然と自分にマッチさせ、この程度なら自分にもできるという範囲のことを記載していきましょう。

それでも食いつきがあまり良くないというようでしたら、改善していきます。

そもそもこれが正解というものがありませんから、自分自身で模索し、食いつきのよいプロフィールを作成していくことが良いでしょう。

ファーストインプレッションにもっとも効果的なのがメールです。

女性がどのような人なのかはプロフィールを見て確認しておきます。

書かれてある内容に触れ、かつ興味付けをすることができれば自然と返信はもらえるはずです。

相手の女性もアナタのプロフィールを見てからの返信となるでしょうから、上記のような記載をしていればまず返信確率はさらに高まることでしょう。

セカンドインプレッションで会いたいと思わせる

ファーストインプレッションの興味付けに続き、セカンドインプレッションでも興味付けをさらに強化します。

テレビショッピングの商品を説明するよう、自分を説明していくような感じに思ってもらえればと思います。

一気に全てを話してしまうのではなく、小出しに相手が食いついてきた部分だけに的を絞って話していく…それだけで女性の中にはさらなる好奇心が生まれ会いたいと思うようになってくるのです。

間違ってはいけないのが、自分ばかりが話してしまったり相手を無視したメールになってはいけないということです。

前述にも記載した通り、大事なのは相手の女性はどういった男性像を求めているのかを知るためのメールでもあるのですから、話すというようりは聞くをメインに考えた方が良いです。

例えば、女性が前の彼氏は金銭感覚がおかしくって散在する人だったという話をしたとします。

そこで間も置かず、自分はそういうところはちゃんとしてます!と、アピールするのではなく、同調してあげましょう。

女性の話すことは答えを求めているのではなく、ただ聞いて欲しい、同調して欲しいと思って言うことが多いです。

同調してあげてからのアナタ自身はきちんとしているという話を織り交ぜていくと女性はアナタに心を開きやすく、また会いたいと思ってくれます。

好みの年齢層の女性と出会えてしまう出会い系サイト

出会い系サイトに何を求め利用されるかは人によって様々ではありますが、普通に生活していては出会えないであろう女性と出会うことができてしまうのが出会い系サイトです。

10代20代の方でしたら、熟女好きという方を除いて、大体は同年代の女性との出会いを模索することでしょうし、30代40代~の男性でしたら、婚活や割り切った関係などを求め幅広い年齢層をターゲットとすることでしょう。

先にも述べましたが、ごく普通の生活を送っていては中々無い出会いというものも出会い系サイトでしたら実現することが可能です。

目的や用途によって、出会い系サイトを使い分けることも可能ですから、例えば10代20代の若い女性をターゲットとしたいのでしたら、神待ち系の出会い系サイトであったり、セフレ目的でしたらセフレサイトに登録するなど、目的に合わせられます。

また恋愛メインであったとしても、年齢を条件に検索することも可能になってきますので、理想の女性を探すということも簡単に出来てしまいます。

年齢を上にした場合、人妻系であったり、婚活系の出会い系サイトであれば30代~50代までの女性がたくさんいると思います。

例えば、40代の男性が20代の女性と遊びたいと思っても、キャバクラなどに行かなければ出会えません。

もちろん会社の後輩などと一緒に出歩き、恋愛に発展するということもあるでしょうが、数に限りがあります。

不特定多数という表現はあまり好ましくないと思いますが、出会いの数だけチャンスも多いというのもまた事実です。

自分の年齢に関係なく、自分の理想とする年齢層の女性と出会いたいのであれば出会い系サイトが1番お勧めかもしれません。

用途に合わせた利用をすれば、気に入った女性を見つけることに時間を必要とすることは無いと思います。

決して出会い系サイト以外の出会いを批判しているわけではありません。

実生活における出会いもとても大切でかけがえのないものだと思いますが、それに+αの出会いを楽しむこともできますから、出会い系サイトを利用しない手はないでしょう。